運動でのセルライト対策

運動でのセルライト対策について

セルライトは、一度できてしまうと、周囲の老廃物や水分などを巻き込みながら、少しずつ大きく成長してしまうという特徴があります。大きさが大きくなってしまうと、体内の老廃物やムクミなどを排出する働きをしているリンパ節の中に入りきれなくなってしまうので、体外に排出されることもなく、いつまでも体内に残ってしまうことになります。そのため、すでにできているセルライトを解消するためには、運動やマッサージなどを行うと同時に、セルライトがリンパ節の中に入りやすい大きさに細かくしてあげることも必要です。

セルライトの大きさを細かくして、体外に排出しやすい状態にするためには、どんな運動が良いのでしょうか?実は、私たちが誰でも日常生活の中で行っている「歩く」という作業が、セルライト除去には抜群の効果を発揮してくれます。ヨガやピラティスのようなストレッチをしたり、ハードな筋トレをしたり、有酸素運動でもできるだけスピーディに脂肪を燃焼しようとジョギングやサイクリングに励んだりする人も多いのですが、セルライトができやすい太ももやお尻にかけての筋肉を最も効率的に使うことができるのが、実はウォーキングなのだそうです。

ウォーキングといっても、ただダラダラと歩くのでは、セルライト除去にはあまり大きな効果が期待できません。エクササイズとしてウォーキングする時でも、普段の生活の中で歩く場合でも、できるだけお尻と太ももの筋肉を意識しながら歩いてみてください。筋肉を意識することによって、その部分に負荷がかかりやすくなり、筋肉を鍛えることができます。筋肉が鍛えられると周囲の脂肪が燃焼されやすくなるので、脂肪の塊でもあるセルライトも少しずつ燃焼されていき、最終的にはリンパ節の中を通って体外に排出できるぐらいの大きさまで小さくすることも可能です。エクササイズとしてウォーキングする場合には、お尻と太ももをキュッと引き締めるように力を入れて、リズミカルにウォーキングすると良いでしょう。

スポンサード リンク

このページのトップへ