セルライトとは

セルライトについて

太ももやお尻などにできやすいセルライト。本来ならなめらかな肌のはずなのに、ミカンの皮のように凸凹してしまうのがセルライトの特徴で、自分でも気になりますし、他人から見てもはっきりと分かってしまうという特徴があります。脂肪がつきやすいお尻や太ももだけではなく、背中や二の腕、お腹などにもセルライトがつくことはありますし、肥満が進行すると全身にできてしまう可能性はあるので気を付けましょう。

セルライトは大人の女性なら80%以上の人が持っていると言われているほど一般的なもの。肌の内側に潜んでいるでこぼこの原因は、脂肪や老廃物、毒素などが冷えて固まった成分で、下半身の血行が悪い人ほどセルライトができやすいと言われています。慢性的な冷え性だったり、下半身がむくみやすいという人は、セルライトができやすい体質と言えるでしょう。

脂肪や老廃物などがかたまってできるセルライトは、太っている人ほどできやすいという特徴があります。これは、肥満体型の人には脂肪がタップリついているので、それらの脂肪細胞が毒素や老廃物を取り込んでかたまってしまいやすいため。しかし、痩せているからと言ってセルライトができにくいかと言えば、そういうこともないので注意しましょう。人間の体にはどんなに痩せている人でも脂肪はついていますし、血行不良になることで、少ない脂肪がセルライトに変化してしまう可能性は、もちろんあります。

牛肉や豚肉についている脂肪をイメージしてみてください。調理をして熱を加えると、脂肪も柔らかくなりますが、調理の後に温度が下がると、脂肪も冷えて固まって、硬くなりますよね。肌の内側のセルライトにも、同じ現象が起きていると考えると分かりやすいのではないでしょうか。血行不良や冷え性の人は、体内の脂肪が冷えて固まりやすく、固まる時に周囲の老廃物や毒素も巻き込んでしまうために、セルライトができやすくなってしまうのです。ただし、運動などで脂肪を燃焼できれば、セルライトも少しずつ小さくすることは可能です。

スポンサード リンク

このページのトップへ