美白ケアの歴史

美白ケアの歴史について

ニキビケアやアンチエイジングケアなどは欧米諸国でも人気がありますが、美白ケアというスキンケアに力を入れている国はそれほど多くはないようです。しかし、日本では違いますよね。美白ケアやホワイトニングケアは200億円市場と呼ばれるほど需要が高い市場になっていますし、昭和の時代から美白ケアはいろいろなものがラインナップされてきました。

日本のスキンケア史の中で美白ケアが始まったのは、1980年ごろと言われています。この頃には、小麦色に日焼けするのがブームになっていたので、老若男女を問わずに誰もがビーチで無防備に寝そべり、他人よりも黒く日焼けする事を競っていたものです。しかし、美容に詳しい専門家の間では、日焼けによる肌へのダメージが注目され、日焼け止め(サンスクリーン)や、日焼けをしてダメージを受けた肌を元の美肌に戻す事ができる美白スキンケアなどが登場します。美白スキンケアラインを最初にラインナップしたのは、国内の化粧品メーカーの中でも最大手である資生堂。資生堂のUVホワイトから美白スキンケアラインが登場したのは1981年の事でした。日焼けが原因でシミや乾燥などの肌トラブルを抱えていた女性達にとっては一世を風靡するほどの大ヒット商品にもなったようです。

1990年代に入ると、美白スキンケアの中でも美白成分の一つ一つが注目されるようになります。それまでは美白成分というとビタミンCが定番でしたが、コウジ酸、カモミラ、アルブチンなどの美白成分がスキンケア美白成分として登場したのは1990年の事。それぞれの美白成分によって作用が異なりますが、そんなことはお構いナシに、美白成分と聞くだけで飛びついた女性も少なくなかったようですね。また、1992年にはSPFの表示基準が全国で統一されました。それまでは各メーカーでバラバラでしたが、どのブランドでも基準が統一されたことによって、UVケア商品や美白ケア商品などの人気が一気に浸透しました。1990年代後半にはいると、小麦色に焼く事はシミやシワの原因になると広く知られるようになったため、日焼けを自粛する人も急増したようです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンBeautyのオススメ!!

美白・シミ・潤い・アンチエイジング・毛穴・肌荒れ・たるみがこれ1つで解決できる美白オールインワンジェル「エニシングホワイト」が、保湿成分とエイジングケア成分を追加・増量しパワーアップしました!! 販売個数50万個突破!! 楽天ランキング130週連続ランクインの全国で大人気を呼んでいるエニシングホワイト、30日間の返金保障もありますので興味がありましたらぜひお試しくださいね、オススメです♪
※詳細はこちら → 美白オールインワンジェル【エニシングホワイト】



スポンサード リンク
このページのトップへ