足痩せマッサージ

足痩せマッサージ方法について

マッサージで足痩せをするには、下半身にたまっている毒素や老廃物を取り除くようなリンパ系マッサージをすると良いでしょう。下半身は人間の体の下側にあるため、一日の生活の中ではどうしても水分やムクミ、血液などが少しずつ重力によって降りてきてしまいます。朝は下半身がスッキリしているのに、午後になると足がむくんで靴やブーツが履けなくなってしまうというのは、そうした重力が原因となっていることも多いようです。

しかし、それだけではありません。毎日の生活の中で体内には毒素や老廃物が少しずつ蓄積していきますが、そうした成分も一日の生活の中で下半身にたまりやすくなってしまいます。そして、そうした毒素や老廃物、体内にたまっている余計な水分を体外に排出する役割をしているのが、リンパ腺なのです。

全身に流れているリンパ腺は、要所要所にツボがあり、そのツボを刺激することによってつまりを解消することができます。毒素や老廃物が増えると、リンパ腺も詰まりやすくなってしまうので、マッサージをする場合には、つまりを取ってあげるような感じでツボ押しをするのがポイント。下半身のリンパ腺のツボは、足の裏の土踏まず部分、ふくらはぎの中心あたり、そして、太ももの付け根に位置しています。

足痩せマッサージをする前に、まずは軽くストレッチをして、凝っている筋肉をほぐしてあげると良いでしょう。そして、リンパのツボを刺激しながら老廃物や毒素、水分やムクミなどをリンパ腺に押し込むような感じでマッサージをしていきます。マッサージをするのは、足の先からふくらはぎ、そして太ももに向かって行い、最終的には太ももの付け根部分にあるリンパ節へすべての老廃物を流し込むようなつもりで行うと良いでしょう。

リンパ節は、親指で力強くグリグリ通すと、痛みを感じる部分です。押した時に痛いということは、リンパ節が詰まっているという事。最初は痛いので我慢できる程度の強さで押さなければいけませんが、慣れてきたりつまりが解消してくれば、痛みがなくなるのも、リンパ節の特徴です。押した時の痛みの強さによって、毒素の詰まり具合を把握することも可能です。

スポンサード リンク

このページのトップへ