骨盤枕での太もも痩せ

骨盤枕での太もも痩せ方法について

太ももが太くなってしまう原因にはいろいろなものがあります。特に女性の場合には、毎月の生理によって骨盤がずれやすいだけでなく、出産を経験した人のほとんどは、出産によって骨格がずれたりゆがんだりしていて、その中でも骨盤のゆがみやずれは、下半身の血行を悪くしてしまうこともあり、下半身デブの原因にもなっているほど。骨盤のゆがみやずれが原因で太ももが太くなっている人なら、骨盤の位置を矯正してあげることによって、太もも痩せも夢ではありません。大切なのは、下半身が太い原因を究明し、太くしている原因を取り除いてあげることなのです。

骨盤の位置を矯正してあげる方法を知りたいですよね?骨盤枕と呼ばれるこの方法は、誰にでも簡単にできて、少しずつ骨盤のずれやゆがみを矯正することができます。準備するものは、家庭で使っているバスタオル2枚だけなので、お金もかからないのが魅力です。

バスタオル2枚をくるくると巻いて、ロール状にします。そしたら、それが崩れないようにビニールテープなどでしっかり縛っておきましょう。緩めに縛ると後から崩れやすいですから、きつめに縛ったほうが良いみたいです。バスタオル2枚でロールを2本作ったら、そのロールを背骨のちょうど両わきに来るようにおいて、その上にあおむけに横になります。足は真っすぐに延ばしてリラックスさせた状態で、骨盤がバスタオルで作ったロールの上に乗っかるような感じで寝ることができればOK。その状態で5分間程度姿勢をキープしましょう。それだけで、ゆがんだ骨盤が少し強制され、ゆがみが原因で脂肪がつきやすかった人なら、数センチの太もも痩せ効果を実感することができるのだとか。

骨盤枕で大切なのは、背骨に対して左右対称にバスタオルのロールを置くという点。奥市がずれてしまうと、骨盤のゆがみはさらにアップしてしまいます。毎日少しずつ骨盤枕を使って骨盤のずれやゆがみを矯正することによって、骨盤枕がなくても正常な位置に骨盤がキープされるようになるので、太もも痩せにつながります。

スポンサード リンク

このページのトップへ