足痩せダイエット方法

足痩せダイエット方法について

足痩せのダイエットは、普段の生活ではなかなか使わない部分の筋肉を鍛えてあげることが必要です。足の筋肉の中でも、足の前面の筋肉は普段の生活でも割とよく使いますが、内側のモモやふくらはぎなどの筋肉は、なかなか使っていませんよね。そうした筋肉を効率的に鍛えることによって、普段の生活の中でも細く引き締まった足を作ることができます。

その中でも簡単にできる方法をご紹介しましょう。

まず、仰向けに横になります。そして、両足を伸ばしたまま上に持ち上げ、胴体と足が作る角度が90度になるように、両足をまっすぐ上に持ち上げてください。それだけでも長時間維持するのはなかなか腹筋に負担がかかって苦しいのですが、角度が90度になるようにきちんと調整してくださいね。その状態から、膝を曲げないように気をつけながら、両足を開いて開脚していきます。空中で足を開いたり閉じたり、バタバタするだけなので、比較的誰でも簡単にできるのではないでしょうか。

この時、足痩せダイエット効果をアップするためには、つま先のむきにも注意しましょう。両足は膝を曲げずにまっすぐ伸ばしたままで、つま先の向きは外側に向くようにします。そうすることによって、足の内側の筋肉を効率的に鍛えることができます。ダイエットとして行うなら、一回当たり30回ぐらいを目安に行い、1日に3セットぐらいはこなすようにしましょう。

もっとスピーディに足痩せしたいという人には、別のバージョンもあります。同じように仰向けに寝そべって足をバタバタするだけなのですが、少し負荷を掛けて即効性のある方法は、両足を同時にバタバタするのではなく、片足ずつエクササイズを行います。まず、左足は伸ばした状態で床につけておき、右足だけを持ち上げます。膝は曲げずに、左足との角度が30度ぐらいになるように持ち上げ、その状態を10秒程度キープします。腹筋にもかなりの負荷がかかるので、慣れていない人や、腹筋力がない人にとってはかなりキツイかもしれません。しかし、何回も根気よく行ううちに、下半身の筋肉が鍛えられてダイエット効果を実感できるようになります。

スポンサード リンク

このページのトップへ