ふくらはぎ痩せ運動

ふくらはぎ痩せ運動について

ふくらはぎを細くしたい場合には、ふくらはぎに負荷が大きくかかる運動をするのがおすすめです。普段の生活の中では、つま先立ちをすることによってふくらはぎに効率よく負荷を掛けることができます。ふくらはぎは足首の動きによって負荷がかかりやすくなるので、ジョギングやウォーキング、サイクリングなど、足を良く動かす運動をすることが、スピーディなふくらはぎ痩せにつながります。

ハードだけれど意外と楽しくできるふくらはぎ痩せの運動をご紹介しましょう。「片足で跳ぶ縄跳び」です。縄跳びをすれば、どうしてもジャンプするときにはつま先立ちになるので、両足で飛んでもふくらはぎをスッキリ細くすることはできます。しかし、体のバランスを取りながら片足で縄跳びを飛ぶと、両足で飛ぶよりもより大きな負荷をふくらはぎにかけることができるので、スピーディなふくらはぎ痩せにつながります。運動不足の人が、いきなり片足縄跳びをハードに挑戦しようとすると、肉離れを起こす原因にもなるので、最初は自分のペースでゆっくり行い、少しずつ回数を増やしていくようにしましょう。

片足で縄跳びをする時のポイントは、できるだけ体は真っすぐにして、直立した状態で縄跳びをしているようなイメージで飛ぶと良いでしょう。慢性的な極度の運動不足の人は、もしかしたら縄跳びを持たずに、直立した状態で何回か両足で飛ぶ練習をするだけでも、ふくらはぎ痩せにつながるかもしれません。運動不足のレベルと相談しながら、片足縄跳びの方が良いか、両足の縄跳び〜スタートしたほうが良いのかを決めると良いでしょう。

運動をすれば、ふくらはぎについている脂肪を燃焼することができます。しかし、ふくらはぎが太くなる原因はそれだけではありません。毎日午後になると押し寄せてくるムクミも、ふくらはぎが太くなる原因となります。そのため、運動によってふくらはぎの脂肪を燃焼しながら、リンパを詰まらせないようにマッサージやツボ押しなども併用して、トータルに太くなりにくく、すっきりと細くなりやすいふくらはぎを作れるようにしたいですね。

スポンサード リンク

このページのトップへ