ふくらはぎ痩せの方法

ふくらはぎ痩せの方法について

足全体をスッキリ細く痩せたいなと思っていても、なかなか一朝一夕に捕捉できる方法はありません。足全体が無理なら、せめてふくらはぎだけでも細くできないだろうか、と考える人も多いのですが、太ももとふくらはぎとでは、太くなる原因も異なりますし、痩せるための方法なども異なります。肥満の原因をきちんと理解することによって、効率的にふくらはぎ痩せができます。

朝起きたばかりの時のふくらはぎを見てください。その太さが、自分のふくらはぎの本来の太さです。朝はスッキリ細いのに、なぜか午後になると象の足のように太くて立派になってしまうという人は、血行が悪かったり、リンパが詰まりやすかったりして、午後になると下半身にムクミが降りてくるのが太くなる原因かもしれません。その場合には、体内の毒素や老廃物を取り除くための方法や工夫、そして、ふくらはぎがむくんだら、ムクミをさっと解消するマッサージやツボ押しなどをマスターすることで、ふくらはぎ痩せができます。

ふくらはぎは体の中でも下の方に位置しているため、どうしても一日のうちに体内の水分が少しずつ重力によって降りてきて、ふくらはぎのあたりにたまりやすくなってしまいます。それは仕方がありません。しかし、その重力によって太くなったふくらはぎを、毎日きちんとリセットして、翌朝には元通りの細さに戻す作業をすることによって、ふくらはぎを出来るだけ細くキープすることも可能です。その方法が、寝る時に心臓よりもふくらはぎを少し高くして寝るという方法。足の下に枕やクッションを置くことで、足のむくみを寝ている間に解消するのも良いでしょう。

誰でも簡単にできる方法で、劇的なふくらはぎ痩せにつながる方法もあります。それが、つま先立ちという方法。つま先立ちをするとふくらはぎの筋肉に負担がかかります。筋肉を少しずつ鍛えることによって、ふくらはぎの脂質を燃焼しやすい体質になるので、毎日の生活でふくらはぎに肉がつきにくくなります。ただし、運動不足の人が一度に長時間しようとすると、足がつったり肉離れをおこしたり、筋肉痛になる場合もあるので気を付けてください。

スポンサード リンク

このページのトップへ