効果的な足痩せ方法

効果的な足痩せ方法について

日本人女性には下半身デブで悩む人も多いのですが、下半身デブと言っても肥満ではなく、血行が悪かったり、水分が下半身にたまってしまうことによる下半身デブという可能性もあります。足痩せをする場合には、自分の下半身が太い原因をきちんと理解したうえで、原因を取り除けるような方法を模索することが必要です。

例えば、骨盤がずれていたりゆがんでいたりする場合。女性の骨盤は、毎月の整理によって開いたり閉じたりしてしますし、出産すればかなりの確率でゆがんだりズレが生じてしまいます。骨盤がずれてしまうと、下半身に血行が行き渡りにくくなり、老廃物や毒素が下半身にたまりやすく、それが下半身デブの原因になることも少なくありません。まずは骨盤体操をしたり、リンパの詰まりを解消できるようなマッサージをすることで、下半身にたまっている老廃物や毒素を体の外に排出できるようなメカニズムを作りましょう。

その中でも特に有効なのが、リンパの詰まりを解消してあげる足痩せ法。下半身にはリンパ腺のツボがいくつかあり、足の裏の中央部分、ふくらはぎの中心部分、そして、太ももの付け根部分などに存在しています。こうしたツボを親指でグリグリと刺激することによって、下半身にたまっている毒素や老廃物を取り除くことができるので、午後になって足が疲れてきたりむくんできたなと感じたら、ぜひ親指でこうしたツボをグリグリ押してみてください。疲れやムクミがその場で解消できるだけでなく、ムクミによる痛みなどもスッキリと無くなり、即効性のある下半身痩せができます。

下半身の筋肉を鍛えることも、足痩せ効果があります。筋肉を鍛えると言っても、競輪選手のような立派な下半身を作るのではなく、毎日のエクササイズでは鍛えることができないような、足の内側の筋肉を意識して鍛えてみましょう。ラジオ体操のようなストレッチをするだけでも大きな効果があります。足の筋肉をバランスよく鍛えることによって、足につく脂質を効率的に燃焼できるので、足痩せにつながります。

スポンサード リンク

このページのトップへ